はじめまして。リレーブログ九月前半担当の宮井です。

 

このような文を書くのは初めてのことなので色々と欠陥があるかもしれませんが、

精一杯小説の魅力を伝えられるように頑張りますのでよろしくお願いします。

 

私が紹介させていただく小説は伊坂幸太郎の『ポテチ』です。

この小説は新潮文庫の『フィッシュストーリー』に収録されている短編です。

そのため百数ページの短めなストーリーですが、その中には伊坂作品の魅力であるキャラクター同士のユーモアのある掛け合いや伏線を散りばめた緻密な構成が凝縮されており、伊坂ワールドを手軽に堪能できる作品です。

 

あらすじ

 

宮城県仙台市で空き巣を生業として生きる今村。

ある日彼は恋人であり空き巣仲間の大西とともに野球選手である尾崎の家に侵入した。

彼らが金目の物を探していると、尾崎の家の電話が鳴った。

留守番電話が作動し聞こえてきたのは助けを求める女性の声。

今村は尾崎の代わりに助けるべきだと尾崎の家を後にし、

尾崎の周りで起こったある事件に深くかかわっていき、

尾崎と自分のある関係が明らかになっていく。

 

それでは、三つのキーワードでこの作品を具体的に紹介していきたいと思います。

 

①    発見の楽しみ

前回から引き継いだキーワードです。

この作品の主人公である今村はたまに破天荒な行動にでます。

たとえば恋人の大西にコンソメ味のポテチを買ってくるというシーンがあるのですが、

今村は塩味とコンソメ味を間違えて渡してしまい取り換えようとすると、大西に「塩味も意外と美味しいからこのままでいい」と言われ号泣してしまいます。

その時はまったく意味が分かりませんがラストシーンに近づくにつれ、ポテチで泣いた意味が分かってきます。

この意味に気づいたときの感動は読んだ人にしかわからないと思うので是非読んでみてください。

 

②    キャラクターの掛け合い

主人公である今村は空き巣です。恋人も空き巣ですし、空き巣の上司もいます。

世間一般では彼らは犯罪者であり、犯罪者を主人公とした作品は少し重い雰囲気が漂うことが多いですが、彼らはまるでそんな雰囲気をまとっていません。

話の所々で彼らはユーモアのある掛け合いをし、空き巣の最中でも軽口を叩きます。

そんな彼らに思わずクスリときてしまうことも多々あり、決して読者を飽きさせません。

四月の読書会で選出された『陽気なギャングが地球を回す』と少し似ているので、あの空気が好きな方ならきっとこの作品も楽しめると思います。

 

③    スターシステム

これは『ポテチ』だけの魅力ではありませんが、私が『ポテチ』を好む要因としてかなり大部分を占めているのでいれさせていただきました。

まずスターシステムとはなにか。これはもともとハリウッド映画で使われていたものなのですが、

ここで指しているスターシステムは手塚治虫が考案したもので、ある作品の主人公や重要なキャラクターを同作者の別作品で登場させたり、似たようなキャラとしてリメイクすることをいいます。

『ドラえもん』にパーマンが登場する、『ドラゴンボール』にアラレちゃんが登場するといった感じです。

この作品にもスターシステムが使われており、例えば今村の上司として登場する黒澤という男がいるのですが、彼は伊坂幸太郎の『ラッシュライフ』という作品の主人公です。さらに同じ短編集に収録されている『サクリファイス』でも彼は主人公として登場します。このスターシステムがあることに気づくと思わずニヤリとしてしまいます。

 

 

先日、実家の北海道に戻った時に実家の本棚から唯一持って帰ってきたのがこの本です。

紹介文を書くにあたって、再度読んでみましたがやはりこの作品は面白いです。伊坂作品の基礎というか面白い要素がしっかりと詰まっているように感じます。

高校生の頃、本は読むだけで、他者に紹介するということをしたことがなかったのでこのリレーブログは新鮮でした。

ただ読むだけよりもより作品の面白さに触れることができたと思います。