まだ六月にもなっていないのに、こうも暑いとたまりません。
冬は着こめば暖かいですが、夏は裸でも暑い理不尽な季節でして、私はキライです。

あ、でもエアコンは好きですよ。

……前回のリレーブログでは冒頭にもっと気の利いた事を書いていたように思うのですが、慣れなのか季節柄鬱々としてしまっているのか分かりませんがこの程度で。

言い訳はともかく、ブログ投稿をここまで引きずってしまい、申し訳ありませんでした。

こんにちは、またはこんばんは。
今年も始まりましたリレーブログ、申し遅れました二回目の担当を務めさせていただきます優木です。

今回私がお薦めする本は『犬はどこだ』。
米澤穂信さんの第六作目であり、2006年版「このミステリーがすごい!」にて初めてベストテン入りの八位を記録した出世作でもあります。2005年に東京創元社より刊行されました。

●あらすじ

東京の銀行員であった主人公、紺屋長一郎は一身上の都合から途中退職し、地元の八保市で犬捜し専門の調査事務所〈紺屋S&R〉を開業する。

しかし舞い込んできた依頼は失踪「人」捜し、行方知れずとなった孫娘を捜索してほしいという内容だった。専門外ではあったが条件面で折り合いが付いてしまったので受諾することに。

翌日には若い男が訪れた。半田平吉、通称ハンペーは紺屋の高校時代の後輩であり、探偵に憧れていて雇ってもらいたいという。その際に古文書の由来を調査してほしいという依頼(これも専門外)者が現れて、依頼と助手の雇用がなし崩し的に決まってしまったのであった。

二人は手分けして調査していくが、思わぬ形でこの二つの依頼が交錯していき――。

【1】過去と現在

前回のリレーブログから引き継いだキーワードとなります。

〈紺屋S&R〉が受けた二つの依頼、内容は両者とも過去のことを探っていくものでした。
長一郎は東京で失踪した佐久良桐子の行方捜しのため、インターネットのチャットで知り合った友人〈GEN〉の協力のもと、桐子の失踪以前にアップしていたブログ日記のログを調査します。
一方ハンペーは谷中民の誇りをかけた古文書の価値を明らかにするために、郷土史の専門家を訪ねたり、地元の図書館で資料を探したりと地道に調査を進めていきます。

そして古文書を皮切りに谷中の歴史――過去が解明されていくに従って、佐久良桐子の行動――現在と妙にリンクし、いわゆる歴史ミステリのような概観が見て取れるようになっていきます。しかしこの歴史物が、米澤穂信(敬称略)の原点である本格と見事にマッチして、本作の重要なトリックを支えることができています。

余談ですが、米澤穂信のミステリにはとにかく地方都市的、伝統文化の深く根付いた集落を舞台とした話が多いです。これは彼が岐阜県出身で、飛騨の高山に囲まれて固有の文化を残す場所で育ってきた経験によるものなのでしょう。
地方都市の舞台設定はまさに彼の十八番であり、また魅力の一つでもあります。

【2】多様な叙述

本作はまた、多数の人物による一人称で成立していることが一つの特徴であるように思われます。
基本的には〈紺屋S&R〉のメンバーである長一郎とハンペーの視点が交互に読者に提供されていきますが、長一郎の情報として、〈GEN〉のログ調査による私見や、桐子の日記なども付け足されてゆきます。これによって長一郎とハンペーお互いの知らない情報が一足早く読者に手に入ることで、読者は探偵役より一段上の推理を組み立てることができるという優越感を手にすることができます。これは推理小説においてはなかなか得られない快感ではないでしょうか。

米澤はこうした私立探偵小説界に新しい文体を誕生させながら、さらにこの文体を逆手に取って読者に挑戦を挑んでいるのですから、そのポテンシャルの計り知れなさといったら、これからの活躍にも期待できます。

【3】後味の悪さ

米澤穂信といえば、最後の最後でとんでもない事実を提示して、奇妙な読後感を読者に与えるのが特徴的な作家ですが、本作「犬はどこだ」は特にそれを強調しています。しかもこれまでの作品とはまた一味違った後味を出しており、あんまり言うとネタバレになるので控えますが、例を挙げるならば米澤さんの第三作「さよなら妖精」が悲しい読後感なら、「犬はどこだ」は恐怖の読後感です。これは言っても大丈夫そうなので言いますが、長一郎がこの後味の悪さを自覚しているあたりが、より一層この読後感を引き立てているものと思われます。

この後味の悪さというもの、あまり良い印象はないかもしれませんがこれがちょっとクセ者でして、とにかく強烈なインパクトを読者に与えます。この衝撃、「もう読みたくないよ……」と最初のうちは思うのですが、後々まで余韻が続いていつしか「どんなだっけ、気になってきた!」と再びページを捲らせるという中毒性を兼ね備えているのです!

そして二度目の読後感に鬱々とさせられるのです。

                                                

といった感じで米澤穂信「犬はどこだ」の紹介を終わりにしたいと思います。

そして「犬はどこだ」、今回紹介したようにとてもオススメなのですが、米澤穂信は初期作から最新作まで全く質の落ちていない作品を書き続けていますので、実は全てオススメなのです!
その中でも特に推したいのは〈古典部シリーズ〉の原点である「氷菓」、そしてそのシリーズから派生し、〈ベルーフシリーズ〉を誕生させた「さよなら妖精」、最後にノンシリーズではありますが「犬はどこだ」以後さらにビターテイストになった第二次米澤小説の華形「儚い羊たちの祝宴」の三冊は読んでおいて損はないと思います。

私自身、米澤穂信の大ファンですのでかなりベタ褒めしているように後々から気付き始めたのですが、そこはまあ大目に見てください。

では次回の紹介者の方、遅くなりましたがよろしくお願いします。