どうも。一年のパペットと申す者です。今まで物語を書いたこともないし、本や作者について語れるような読書量も持ち合わせていないので、私の狭い読書歴についてお話ししたいと思います。駄文ですがどうぞお付き合い下さい。
私の家では母が本を読む人だったので、小さな頃から本を読まされました。幼稚園の頃覚えているのは『はらぺこあおむし』。本物の青虫は触れもしないクセに、その絵本に書かれているあおむしは大好きでした。文は覚えていませんが、そこにのっていた洋ナシの色がすごく綺麗で、おいしそうで、今でも実生活で洋ナシは好物の一つになっております。
小学校の頃読んでいた本は那須正幹さんの「ズッコケ三人組シリーズ」とか、はやみねかおるさんの「夢水清志郎シリーズ」や松原秀行さんの「パソコン通信探偵団事件ノートシリーズ」などです。
それらに加え、洋書では3年生の時『ハリーポッターと賢者の石』(中学、高校生と進んでいくうちにハリー・ポッターシリーズが熱心に読めなくなっていき、郷愁を感じました。)に出会い、「分厚い海外の本は面白い!」という妙な情報を頭に刷り込まれる一因となったのでした。
それからは「サークルオブマジックシリーズ」や「ロードオブザリング」、「バーティミアスシリーズ」「ローワンシリーズ」「ネシャン・サーガシリーズ」「デルトラ・クエストシリーズ」「ダレンシャンシリーズ」などファンタジーを読み漁り、ミヒャエル・エンデの『はてしない物語』に辿り着きます。この本は今でも私の中で強く印象に残っている作品で、図書館から借りたその本は丁度いい感じに赤い背表紙がボロボロで、年季があって、引き込まれるようにして読んだのを覚えています。

そして小学校と別れを告げ、中学生。海外ドラマの「24」にハマったせいで読書停滞期へと移ります。相変わらず海外の本は面白いという刷り込みは変わらず、気付けば、読んでいたのは薄くて読みやすい海外ドラマのノベライズ本ばかり。日本の本を読むといっても山田悠介さんとか乙一さんとかライトノベル系……アニメにもハマり、読書時間は大分減っていました。今でも悔やみきれません。
そんな冬の時代に私の心を捉えた作家さんがいます。スティーブン・キングさんです。なんだか波長があってしまって『グリーン・マイル』や「恐怖の四季シリーズ」などを読みました。読書量が少ないせいで、ファンのクセにあまり数を読めていなかったのですが、大学生になった今、ようやく短編集とかを密かに収集しています。

高校は少し余裕が出来て貴志祐介さんや道尾秀介さん、米澤穂信さんなどの人気現代作家を皮切りに少しずつ読書量が元に戻ってきて、日本の本と外国の翻訳本が8対2といった割合になります。多くの作家さんの本を読もうとするあまり、結局、この作家の本は全部読んだと言い切れるものはありません。その為、読書好きを公言出来ない抜き差しならぬ状況に陥っている次第です……。
そして現在――スティーブン・キングや怪奇小説傑作集などの怪しいものから伊坂幸太郎さんなどのメジャーなものまで読んでおります。近現代がノーマークなのでそこら辺を今後は網羅していきたいです。

私は物語を味わうのが好きです。映画や舞台やアニメetc……そして読書。それぞれに物語の訴え方は違います。読書には読書にしか味わえないものがあるはずです。今後はサークルの皆さんと読書で得られる感動や興奮といった素晴らしさを共有していけたら嬉しいです。気付けば長ったらしくなってしまいました。

長文駄文、本当に失礼いたしました。