こんばんは。稲穂が黄金色に輝き秋らしい季節となりました。9月最終週担当のGMです。
今夜の関東地方は台風で雨が強いです。 自分は帰り道に降られびしょ濡れの中の帰宅となりました。
こんな日はゆっくりと読書をして過ごすに限りますね。

さて自分の読書歴についてですが、今思い返してみると小学4年生の誕生日に買ってもらった「名探偵コナン」から始まったと思います。
当時の自分はアウトドア大好き人間でしたので、暇さえあれば友人とサッカーをしていました。
しかし漫画とはいえ見事にハマり、次にシャーロックホームズへ興味を持ちました。
その時に初めて小学校の図書館を利用したのですが、様々な種類の本があって驚いたのを覚えています。
そして片っ端からひたすら読んでいきました。
しかし「三国志」を読もうとし挫折し、最初の本ブームは終わりました。

中学時代はバスケ部に所属し、スポーツに勤しんでました。
そのため読む本は専らバスケの戦術論だとかバスケ関連の雑誌のみとなっていました。
ですが、朝の読書時間に読んだ「空想科学読本」と読書感想文で書いた「カラフル」は面白かったです。
そして高校受験が終わり暇を持て余していた時に知り合いが貸してくれた「涼宮ハルヒの憂鬱」から二回目の本ブームが到来しました。

高校が始まる前の春休みは殆どをアニメに費やし、入学してからは昼夜授業中関わらずライトノベルを読んでいた記憶があります。
2年生に進級してからは父の影響か推理小説も読むようになってました。
とは言いましても東野圭吾や宮部みゆき、内田康夫等と有名どころを多少読んだぐらいです。
受験期になってくるといつの間にか本はあまり読まなくなってました。
それでも気まぐれに適当に本を買ってはダラダラと読んでいました。

そして大学に入ってからは直感で面白そうに思った本を買い、通学中に電車の中で読むのが習慣となっています。
春学期に読んで当たりだったかなと思うのは「僕の小規模な奇跡」や「夏の朝の成層圏」、「交渉人」が面白かったです。

読書歴については以上です。
自分の過去を文章にするのは何とも言えない恥ずかしさがありますね。
しかし長文を書くのは難しいですね。箇条書きっぽくなってしまいもう少し上手く書ければなと思います。
次の機会があるかは分かりませんが、今度はキチンとした文章を書けるようにしていきたいですね。

今後も好きな本をのんびり気ままに読んでいきたいです。
以上、駄文失礼しました。