私の読書遍歴(針山)

今週のこのブログを担当することになった針山です。FSMでは幻想文学とミステリーに所属しております。何卒よろしくお願いします。浅学の身ながら、皆さんにならって自分の読書遍歴、読書人生について書きたいと思います。

小学校
私の読書人生の最初に何があったのかは、今ではもう思い出せないのですが、幼稚園から小学校にかけて、
図鑑(爬虫類、昆虫、魚類、恐竜、人体、などの)を好んで買って読んでいました。
特に初学年の頃は、学校の図書館でよく授業をサボタージュしてはビジュアル図鑑を楽しみました。
学校外ではいずみ書房の『せかい童話図書館』が親の実家に全巻そろっていたので、読んでいたのですが、
今では内容よりも「玉とり」、「ドナウ川の妖精」などの挿絵が無気味であったという印象のほうが強いです。

高学年になると、水木しげるの熱烈的な信者となり、『河童の三平』、『悪魔くん』、ゲゲゲの鬼太郎シリーズを好むようになっていました。中でもヒーローでない鬼太郎が描かれる『墓場鬼太郎』は当時の私のバイブルでした。その後、水木作品が影響を受けているという鳥山石燕『画図百鬼夜行全画集』を購入して、ボロボロになるまで読んだり、図書館で小泉八雲の本を借りたりしていました。妖怪関連の本以外には信長の伝記やファーブル昆虫記とかを読んでいたように思います。

中学校
小学校時に開花した妖怪趣味の延長で、村上健司編『日本妖怪大辞典』や東雅夫編『妖怪文藝』を耽読する傍ら、
筒井康隆、山田風太郎・忍法帖シリーズを読むようになります。

高校
小学校、中学校と妖怪関連の本を読んできたわけですが、高校生になって他の分野にもだんだんと興味を持つようになりました。それは主に純文学の王道としてよく紹介されるような本であったわけですが、高校一年生の冬に、
古本屋で偶然手に取った寺山修司の『誰か故郷を思はざる』を読んで、自分の考え方や生き方が変わり、以後寺山作品の虜となります。様々なものを「物語(ドラマ)」と考えるという寺山哲学を得た私は、安部公房の存在論的な小説や澁澤龍彦作品の怪しく、エキセントリックな知の曼荼羅にも傾倒しました。それ以外には谷崎や乱歩も何作品か読んで、ミステリアスで妖美な雰囲気を味わいました。また、本以外にも音楽や映画にはまったので、中野や新宿といったサブカルスポットや、御茶ノ水や神田といった音楽の町、本の町と呼ばれる場所に通い始めたのもこの頃です。

しかし、2学年後半からいよいよ本格的に受験戦争になり、その期間からは、ほとんど好きな本を読むことができませんでした。

受験は紆余曲折あったものの、大学が決定し、ようやく安心して本が読めるようになりました。

大学
最近では映画がメインになりつつありますが、シュールレアリスティックで実験的な作風で知られるレーモン・クノーの『文体練習』、『地下鉄のザジ』、『イカロスの飛行』を読んで感動を覚えました。特に小説世界の作中人物が、現実の世界に飛び出してしまうという『イカロスの飛行』は、小説という形態を考えさえられる壮大なドラマで私のお気に入りです。

読書で面白いのは読んでいた本が実は自分が知っている映画監督によって映画化されていたり、筆者が以前読んだ他の本の筆者と懇ろな関係であったことが分かった時に現れる、一冊の本の織り成す人間の有機的なドラマであると思います。今後は文学だけでなく、本サークルで私の中では未開拓であるファンタジーやミステリーをもっと深く読んで、本の世界を探索していきたいと思っています。

へたくそな文章でお目汚し失礼いたしました。機会あればまたよろしくお願いします。

ネット小説(玄米茶)

こんにちは、はじめまして、今週の担当になりました玄米茶です。
話すテーマは自由とのことでしたので、自分はこの場を借りてネット小説について語らせていただこうかと思います。
粗雑で粗末なモノになるかと思いますが、お付き合いください。

『SAO(ソード・アート・オンライン)』や『魔法科高校の劣等生』など所謂ネット小説が続々と書籍化されていて、今ネット小説がアツイ!
ということで、
SAOを見てみて、VRMMOモノが気になったら『THE FIFTH WORLD -Online』ていうのがおもしろいとか、
『勇者互助組合 交流型掲示板 』が新感覚でおもしろい、書籍化もしてるよとか 、
『そこにカイロスはいるか?」って作品知ってる?読んだ?とか、
ヤンデレ好きの人、『猫とワルツを 』が超オススメ!この作者は依存ヤンデレをわかってる!とか、
などなど自分のお気に入りのネット小説を紹介しようかと最初は思ったのですが、聞いてみると「構成がしっかりできてない」とか「文がおかしい」や「ただの自己満足だろ」、「しょせん素人」と皆さんネット小説を見る目が冷たいというか、厳しいというか…
なので、少し内容を変えて、今回はネット小説の魅力について話そうかと思います。

皆さんの酷評の理由は、やはり「ネット小説は素人の書いたモノだ」というような考えがあるからだと思います。
確かにネット小説はほとんどが素人(仕事の合間や暇つぶしだったり、学生だったり)が書いたモノで、数多くが「まだまだ」とか「ダメだな」と言われてしまい、中にはナンダコレという感じのモノもあります。

しかし、しかしです。数は本当に少ないですが、素人が書いたとは思えない作品、書店では見つけられなかった自分の趣味に最高に合う作品、見つけたその日をまたぐまで読んでしまうような作品が必ずあるんです。止まらなくて、夜中までかけていっきに読んでしまうことも、よく自分はあります。

「素人だ」「文章が変だ」と馬鹿にしてばかりいるのは損ではないでしょうか?
作家になるために勉強中の人が、練習のために書いていたり、感想を聞くために書いていることもあります(実際、「○○大賞に投稿しようと思ってる」とコメントしいてる作者もいます)。つまり漫画家のアシスタント期みたいなものです。

たとえ文章が変でも、それをカバーしてしまうほどの、今までにない発想や世界、いい意味で予想を裏切るおもしろさ、そんな魅力を持った作品があります。また、それを探すということもネット小説を楽しむ手のひとつです。

もしくは、その小説と作者の成長を見ること、手伝うこともできます。「あそこは、○○した方がいい」「資料は○○社がオススメ」といったアドバイスや「○○のシーン最高だった」といった感想をコメント投稿欄送り、作者や他の読者達とその作品を良くしていくことができます。これはネット小説でしかできない楽しみ方だと思います。

今は、ネット小説を紹介するたくさんのページ、サイトがあり、良作を見つけるのは不可能ではありません。それでも良作に出会うのは、なかなか難しいと思います(自分も本当に良作といえる作品に出会ったことは少ないです)。ですが、「もういいや」と思わずに探してみて、そして読んでみてほしいです。良作に出会うことが難しくても、お気に入りの小説に出会えると思いますから。

自分の話は以上になります。なんだか自分の考えをただ書きなぐっただけになってしまいました。すみません。
次があれば、今度こそお気に入りの作品を紹介しようかと思います。
ここまで、お付き合いいただいて、ありがとうございました。

迷子石(GM)

こんばんは。稲穂が黄金色に輝き秋らしい季節となりました。9月最終週担当のGMです。
今夜の関東地方は台風で雨が強いです。 自分は帰り道に降られびしょ濡れの中の帰宅となりました。
こんな日はゆっくりと読書をして過ごすに限りますね。

さて自分の読書歴についてですが、今思い返してみると小学4年生の誕生日に買ってもらった「名探偵コナン」から始まったと思います。
当時の自分はアウトドア大好き人間でしたので、暇さえあれば友人とサッカーをしていました。
しかし漫画とはいえ見事にハマり、次にシャーロックホームズへ興味を持ちました。
その時に初めて小学校の図書館を利用したのですが、様々な種類の本があって驚いたのを覚えています。
そして片っ端からひたすら読んでいきました。
しかし「三国志」を読もうとし挫折し、最初の本ブームは終わりました。

中学時代はバスケ部に所属し、スポーツに勤しんでました。
そのため読む本は専らバスケの戦術論だとかバスケ関連の雑誌のみとなっていました。
ですが、朝の読書時間に読んだ「空想科学読本」と読書感想文で書いた「カラフル」は面白かったです。
そして高校受験が終わり暇を持て余していた時に知り合いが貸してくれた「涼宮ハルヒの憂鬱」から二回目の本ブームが到来しました。

高校が始まる前の春休みは殆どをアニメに費やし、入学してからは昼夜授業中関わらずライトノベルを読んでいた記憶があります。
2年生に進級してからは父の影響か推理小説も読むようになってました。
とは言いましても東野圭吾や宮部みゆき、内田康夫等と有名どころを多少読んだぐらいです。
受験期になってくるといつの間にか本はあまり読まなくなってました。
それでも気まぐれに適当に本を買ってはダラダラと読んでいました。

そして大学に入ってからは直感で面白そうに思った本を買い、通学中に電車の中で読むのが習慣となっています。
春学期に読んで当たりだったかなと思うのは「僕の小規模な奇跡」や「夏の朝の成層圏」、「交渉人」が面白かったです。

読書歴については以上です。
自分の過去を文章にするのは何とも言えない恥ずかしさがありますね。
しかし長文を書くのは難しいですね。箇条書きっぽくなってしまいもう少し上手く書ければなと思います。
次の機会があるかは分かりませんが、今度はキチンとした文章を書けるようにしていきたいですね。

今後も好きな本をのんびり気ままに読んでいきたいです。
以上、駄文失礼しました。

楽しみへの挑戦(会長・ソリティア)

いやぁ・・・秋です。台風です。こうやって文章書いている間も家が揺れて・・・怖いもんですね、台風ってものは。まぁ来なかったら来なかったたらで困るものではありますが。

さてまずは・・・こうやってサークル外へのアピールを目的としているブログでこういうことを言うのもなんですが、夏休みブログ企画担当者の皆さん、本当にお疲れ様でした。そして見ていただいている方には、期間中何週かお休みさせて頂く期間が出来てしまい、申し訳ありませんでした。

しかしこの夏休み企画、私個人としては中々楽しい企画でした。顔を知っている人間の文章を見るというのは不安7割期待3割なものですが、今回多くの人が私の予想を超える良い文章を書いてくれて、本当に嬉しいものです。

今後は基本私がこのブログを執筆いたしますが、まだブログを書いてない会員もいますから、折を見てぜひ彼らにも・・・と思っています。ご期待ください。

では秋学期。本連合はまず「ミステリー研究会」が「第十五回文学フリマ」へ参戦いたします。
http://bunfree.net/?15th_bun

実はこのミステリー研究会、私が設立したサークルなのですが今回がイベント初参加となります。
もちろん出す会誌も第一号。SF研究会のように今後30年、40年続くかもしれませんから、もし買っておけばいつか価値が出る・・・かも?出ればいいな。タイトルはまだ未定です。

そして、記念すべき第一号会誌で扱うテーマは「アントニイ・バークリー」!(正式テーマ名は「バークリー オブ センス」となっております)

このアントニイ・バークリー(別名 フランシス・アイルズ他多数)という作家、聞き覚えのない方も少なくないかと思います。
彼は192~30年代イギリスで活躍した作家なのですが、この時代は「黄金時代」という英米ミステリの絶頂期でして・・・例えばクリスティやクイーン、カーなどの超一流作家が活躍が目立ってしまい、彼はどうしても一歩引いたところにいるというイメージがあります。

しかしその功績、作品の質は、彼ら超有名作家と比べひけをとるものではありません・・・と、私は思っております。

作品では愛すべき素人探偵(失敗率高し)ロジャー・シェリンガムの創造、『第二の銃声』『試行錯誤』『偶然の審判』などに代表されるミステリ革新精神、フランシス・アイルズ名義で書かれたあの三大倒叙小説が一つ『殺意』、また実務でもイギリス推理作家協会の設立にも中心になって関わったことが知られています。

日本では、「このミステリーがすごい!」海外編ランキングで1995年『第二の銃声』で五位(更にこのミス賞設立から20周年に行われた20年の『ベスト・オブ・ベスト』でも5位)、2002年『ジャンピング・ジェニイ』で6位にランクインするなど、かなりの評価を受けています。

今回、ミステリー研究会でこの作家をテーマにしたのには、大きな意味があります。

黄金時代、中心にあったパズル派がトリックを次々と作り、ポンポンと消費していく中で、
バークリーは冷静にミステリーの行く先、これからミステリはどういった方向性へ行くのかを考え、その結果として数々の革新的な作品・驚きに満ちた作品を生み出しました。

私はそこに、バークリーの、クイーンにも負けない「ミステリ愛」があったと思っています。いや、信じているといってもいいでしょう。

出来たばかりのこの「東洋大学ミステリー研究会」がどこまで続くか、誰にもわかりません。
ただ私は、このサークルを立ち上げた人間として、現在のサークル会員とこれからサークルの会員になる人たちに「ミステリ愛」を、心の片隅でもいいから持っていて欲しい、

そしてその心でもって「ミステリーの新たな楽しみ」=革新を発掘すること・行うことを、続けて欲しいと思います。まぁ言ってしまえば、私の自己満足ではあるんですが・・・。

それでは。会誌の一ページにでも載せようと思っていた感涙物(笑)の文章をうっかりここに書いてしまったところで、そろそろ閉じることにしましょう。

では、また。次回は・・・まぁ、その、二週間以内に。頑張ります!

初参戦です(パペット)

どうも。一年のパペットと申す者です。今まで物語を書いたこともないし、本や作者について語れるような読書量も持ち合わせていないので、私の狭い読書歴についてお話ししたいと思います。駄文ですがどうぞお付き合い下さい。
私の家では母が本を読む人だったので、小さな頃から本を読まされました。幼稚園の頃覚えているのは『はらぺこあおむし』。本物の青虫は触れもしないクセに、その絵本に書かれているあおむしは大好きでした。文は覚えていませんが、そこにのっていた洋ナシの色がすごく綺麗で、おいしそうで、今でも実生活で洋ナシは好物の一つになっております。
小学校の頃読んでいた本は那須正幹さんの「ズッコケ三人組シリーズ」とか、はやみねかおるさんの「夢水清志郎シリーズ」や松原秀行さんの「パソコン通信探偵団事件ノートシリーズ」などです。
それらに加え、洋書では3年生の時『ハリーポッターと賢者の石』(中学、高校生と進んでいくうちにハリー・ポッターシリーズが熱心に読めなくなっていき、郷愁を感じました。)に出会い、「分厚い海外の本は面白い!」という妙な情報を頭に刷り込まれる一因となったのでした。
それからは「サークルオブマジックシリーズ」や「ロードオブザリング」、「バーティミアスシリーズ」「ローワンシリーズ」「ネシャン・サーガシリーズ」「デルトラ・クエストシリーズ」「ダレンシャンシリーズ」などファンタジーを読み漁り、ミヒャエル・エンデの『はてしない物語』に辿り着きます。この本は今でも私の中で強く印象に残っている作品で、図書館から借りたその本は丁度いい感じに赤い背表紙がボロボロで、年季があって、引き込まれるようにして読んだのを覚えています。

そして小学校と別れを告げ、中学生。海外ドラマの「24」にハマったせいで読書停滞期へと移ります。相変わらず海外の本は面白いという刷り込みは変わらず、気付けば、読んでいたのは薄くて読みやすい海外ドラマのノベライズ本ばかり。日本の本を読むといっても山田悠介さんとか乙一さんとかライトノベル系……アニメにもハマり、読書時間は大分減っていました。今でも悔やみきれません。
そんな冬の時代に私の心を捉えた作家さんがいます。スティーブン・キングさんです。なんだか波長があってしまって『グリーン・マイル』や「恐怖の四季シリーズ」などを読みました。読書量が少ないせいで、ファンのクセにあまり数を読めていなかったのですが、大学生になった今、ようやく短編集とかを密かに収集しています。

高校は少し余裕が出来て貴志祐介さんや道尾秀介さん、米澤穂信さんなどの人気現代作家を皮切りに少しずつ読書量が元に戻ってきて、日本の本と外国の翻訳本が8対2といった割合になります。多くの作家さんの本を読もうとするあまり、結局、この作家の本は全部読んだと言い切れるものはありません。その為、読書好きを公言出来ない抜き差しならぬ状況に陥っている次第です……。
そして現在――スティーブン・キングや怪奇小説傑作集などの怪しいものから伊坂幸太郎さんなどのメジャーなものまで読んでおります。近現代がノーマークなのでそこら辺を今後は網羅していきたいです。

私は物語を味わうのが好きです。映画や舞台やアニメetc……そして読書。それぞれに物語の訴え方は違います。読書には読書にしか味わえないものがあるはずです。今後はサークルの皆さんと読書で得られる感動や興奮といった素晴らしさを共有していけたら嬉しいです。気付けば長ったらしくなってしまいました。

長文駄文、本当に失礼いたしました。

初めて書きます(リリスター)

こんにちは。一年のリリスターと言います。
春学期では殆ど来ていなかったので、知らない方が多くいると思います。なので、できるだけサークルに参加できたらなと考えています。

うーん、私の読書経験についてですが正直あまりありません。ですので、読書経験というか、とりあえず読んだことのある本を書いていこうと思います。

私は、伊坂幸太郎さんの「砂漠」という作品は登場人物を通して日常にどこかありそうでない展開があったりして、面白いと思いました。あと他の作品でいうと、「ゴールデンスランバー」はどうしようもない状況でも諦めない場面があり、読むと勇気が出てきます。

海外文学では、ドストエフスキーの「罪と罰」を読んだことがあり、かなり解釈が難しいですが犯罪者の心理状況が書かれていて素人ながら深く考えさせられる作品だと思いました。なので、本を読む力がついたらまた読んでみようかなーと思っています。

あと最近のラノベで読んだものは、鴨志田一さんの「さくら荘のペットな彼女」やおかざき登さんの「この部室は帰宅しない部が占拠しました。」などです。まあこの辺は、おすすめというか人によって考え方や感じ方が違うので参考程度にお願いします…。

私は、本が好きですが、なかなか自分からは本の世界が広げられていないと思っていたので、このサークルに入りました。なので、これからは本を読んで自分の気持ちを文章や言葉でしっかり伝えられるような人になれたらなと思います。最後まで非常に読みづらい文章を読んでいただき、ありがとうございました!

秋学期で沢山の人に会えることを楽しみにしています。

初ブログです(カモミール)

こんにちは。一年のカモミールと言います。
まだ入部したばかりなので、知らない人が殆どだと思います。ごめんなさい今度ちゃんと自己紹介します。

実を言いますと、こういうブログ書くのって初めてで、何をどう書けばいいのかわかりません・・・。
なので。軽く今までの読書歴、と言いますか、お気に入りを書こうと思います。

私の読書歴はかなり浅いです。(こういう言い方が合ってるのかわかりませんが)
みなさんがきっと読んでいるような本格的なものはまだ読んでいませんし、ジャンルはかなりバラバラです。ご了承下さい・・・。

小さい時は、本を読むことがあまり好きではなかったのですが、中学生の時に読んだ本がきっかけで、どんどん本を読むようになりました。小説オンリーですが・・・。
そのきっかけになった本は、恩田陸さんの「ドミノ」です。登場人物が多くドタバタしていますが、読んでいると気持ちが急かされて、自分までその舞台にいるような気がしてきます。いろんな人の思惑や考えが出ていて、とても面白い作品でした。
それから恩田陸さんの作品は殆ど読むようにしています。中でも好きなのは「ネバーランド」と「チョコレートコスモス」です。何でしょう・・・人の考えがぐるぐるしてる作品が好きなんですかね。
あと好きな作家さんは有川浩さんです。もうこの人は大好きです。全部好きなんですが、一番は「シアター!」です。あ、「チョコレートコスモス」と「シアター!」は演劇の話なんですが、私が演劇部だったから好きなんでしょうか?単純で困ります。でもこの二つの作品は同じ演劇をテーマにしているのに、世界観がまるで違って、なのに両方とも演技している姿が簡単にイメージできて・・・無性に「演劇が見たい!」と思わせてくれる作品でした。

他にも、小路幸也さんの「東京バンドワゴンシリーズ」や、赤川次郎さんの「午前0時の忘れ物」、初野晴さんの「ハルチカシリーズ」なんかも好きです。と言いますか、今まで読んだ本はどこかしら全部好きです。

まだまだ書きたい作品はあるんですが、この辺にしておきます。あまり上手く書けなくてすみません。最初に書いたとおりジャンルはバラバラだし、いわゆるちゃんとしたミステリーとかはあまり読んでいなくてお恥ずかしい限りなんですが・・・これから、今まで読んでいなかった領域も開拓していきたいと思ったので入部しました。それに、好きになった本の魅力を他人にしっかり伝えられるような文章力も欲しいなぁと思ったのもちょっとあります。

では、拙い文章にお付き合いいただき、ありがとうございました。
秋学期にみなさんにお会いできることを楽しみにしています。

物語と。(会長・ソリティア)

こんばんは。FSM総責任者のソリティアです。

前回告知した通り、今回を第一回としてミステリ研企画「私の‘本‘」と題しまして、会員それぞれが本と関係する、何かを書きます。
それは本の感想文だったり、推薦文だったり、はたまた今までの読書体験、執筆経験、ショートショートなんかもあり得るかもしれません。全て自由、ということで内容は彼らに一任しています。

そして、第一回の私ですが・・・どうしようかな、と。
この一週間、ずっと考えていました。私のこの記事がこれからの人の基準となるわけですし、責任重大です。

・・・しかし結局大した案も出なかったので、色々と彷徨いながら書いてみることにしました。

私は普段、ミステリばかりを読んでいるのですが・・・ふと、考える時があります。
ミステリの魅力とはなんだろう、と。
ミステリは、人を殺すことが平然と行われるジャンルです。
黄金時代の作家ヴァン・ダインは長編ミステリでは死体は必ず必要だ、とまで言いました。
ある意味で、異常なジャンルなのです。

ではなぜ人は、こんなジャンルに心惹かれるのでしょうか。

謎解きの楽しみ、個性派探偵の活躍、社会風刺・・・・etc。
色々あります。

しかし、私は第一に「謎が解かれる時のカタルシス」こそが存在すると思っています。

ストーリーが進むにつれ、ドンドンと濃くなっていく目の前の「謎」
それを最後のたった数十ページ、ないしは数ページたらずで
完全に晴らしてしまうのですから、読者の感動は凄まじいものがあります。
ミステリとは、そこに収束するのではないでしょうか。

はてさて。

そんなこんなで私は、ミステリのくれる感動が忘れられず「またあの興奮、感動を感じたい」とまるで麻薬のごとく望んで望んで望み続けて・・・今こうやって、ミステリ好きとしてこの文章を書いています。

色々な作家、作品と出会いました。
時には「こんなやり方いいの?」と憤り、時には「おぉ・・・」と言葉も出ないほどの感動を覚え、
時には「???」のまま本を閉じることもありました。

今も私は、ミステリを読み続けています。

結局のところ、それだけかもしれません。

ミステリは魅力的な探偵に彩られた素敵な「謎」と、その裏に隠れたカタルシスで出来ています。

このサークルは、その中から何を生み出すことが出来るでしょうか。

私には、まだわかりません。

けど何かを見つけられるんじゃないかなーと、今年度の新会員の皆を見てそう思っています。
根拠なんてありはしませんが、物語に第六感はつきものです。ミステリではタブーですが。

このブログは、その為の第一歩。研究を「楽しむ」うちのサークル会員としての第一歩。
だから、時間を忘れるくらい熱中して、楽しんで書いて欲しいと思っています。
本が好きな会員の皆なら、きっとそんな楽しみ方が出来るはず。

それでは。FSM総責任者のソリティアでした。
これから書く会員の皆、頑張れ―。

読まずして

東洋大学ミステリ研がSF研究会・幻想文学研究会と共同戦線を張って帰ってまいりました。
こんにちは。ミステリ研会長改め、FSM総裁のソリティアです。総裁という言葉の、甘美な響きに勝てませんでした。

なぜ、ブログを変えたのか・・・それはまぁ、色々あるので置いときまして。

いきなりのこととなりますが、夏休み企画ということでこれから毎週交代で会員に、このブログで「本について」書いてもらおうと思っています。
私自身、会員皆の文章力が分からないためそれを知りたいということもありますし、この企画でサークルの意識向上を図りたいと思っています。まぁ、外にお見せできるようなものになるかどうかはさっぱりですが、個人的には椎名誠的文章センスを持つ人間が出てくればな、と思ったり思わなかったり。

とりあえず、最初の担当は私。

それでは、新生東洋大学FSM、改め