一年を振り返って 秋篇

こんばんは、ミステリ研会長の鹿野です。
ついこないまで新年だ駅伝だと言っていたのに、そろそろ1月も終わりというその喪失感。
最近特に、時間が進むのが早くなるように感じます。このままだと後10年後はどうなってしまうのか心配でなりません。

さて、先日更新しました「一年を振り返って」という記事の続きです。
「春夏」とまとめたので、当初は「秋冬」でまとめていこうと思ったのですが、流石にこの時期はイベントが多いですし、
冬はまだ「合宿」などのイベントが残っていますので、とりあえずは「秋」だけで書いてみようと思います。

秋はなんといっても「学園祭&神保町ブックフェスティバル」と「文学フリマ」が記憶に残っています。まま、11月ですからどちらかと言えば冬ですけども。ただ両方共、夏からずっと準備してきたことなので、どちらかと言えば「秋」というイメージが強くあるんです。

ではまず「学園祭&神保町フェスティバル」について。
私自身は当時、文学フリマに出しますミステリ研の機関誌にずっと頭がいっていたため、恥ずかしながらあまり学園祭には時間を割けませんでした。
ですので、学園祭に関してはサークルの後輩達にほぼ投げっぱなしだったかと思います。彼らは、本当に頑張ってくれました。
「幻想文学研究会」はタロット占いを行い、前年の倍以上の客入りを。
「ミステリー研究会」は古本市を行い、そこそこの売上を出すことが出来ました。
本作りも楽しいのですが、時にはこのように普通の大学生サークルっぽいことをやると青春をほんのり感じることがあります。

また、あの時は本当に忙しかったのですが、どうしても新会員を神保町ブックフェスティバルに連れて行ってあげたかったので、
時間をみて数時間だけ行って来ました。雨降ってしまって散々でしたけど、収穫がありましたねー。
私は例年通り河出、東京創元、国書刊行会に人の群れを掻き分けながら入り込んで何冊か買いました。
しかし、なんと言いますか、来てる人は皆本をじっくり選びたいですから、結果として中々本の前まで辿り着けずどこでも苦労するのですが、その時は疲労感よりもむしろ「ああ、私と同じ本が好きな人がこんなにいるんだ」という嬉しさを感じるんです。
年齢もバラバラですし、交わす言葉もせいぜいぶつかった時に謝る時ぐらいではありますが、どこか通じてるところがあるように思えてきます。
ただ、ただ、私の目の前で欲しい本が消えていった時はやっぱり、悔しい。

それで、こういう時に思い出すのは、前に乱歩先生の本で読んだエピソード。随分と前に読んだので、かなり曖昧なのですが……
戦後、乱歩他海外ミステリに飢えていた愛好家たちは足を棒にして作品を探し求めていました。
とはいえ、そうポンポン入ってくるものではありませんので、ミステリ好きが本を求めて立ち寄る場所は決まってきます。
そんな中、なんと乱歩先生。とある書店で海外ミステリを紐で結んであるのを大量に発見しました。
その時は買えなかったので、後に日をあらためて取りに行ってみるとなんとなくなってしまっている。
店主に聞いてみると、友人の作家(有名な方だったかと。忘れてしまいました…)が見つけるなり買っていってしまったと。
後で貸してもらおうと思ったという、ほのぼのする話。

実はサークルでもこういうことは有りまして、特に大学の図書館などは
私が今度借りようと思っていた本がいざ借りに行った時にはなく、実は先に後輩が借りていっていたなんてことは何度もあります。
逆もまた然りで、恥ずかしながら私は時々延滞してしまうことがあるので、知らず知らずのうちに後輩に迷惑をかけたりしております。
いや、本当に良くないことなんですけども。

しかしま「同好の士」というのはかけがえの無いものであると同時に、一番のライバルなわけで。
そんな人と会うというのは、人生において一つの重要な切り替え点にもなり得ます。
特にサークルにいると、同好の士どころか自分が読んだ本の殆どを読んでいるような凄い人と出会ったりすることもあり、
つくづくサークルとは面白いものだなと感じます。

ではま、オチが思いつかず非常につまらない落とし方をした辺で、文章の方もかなり長くなってしまったので、今回はこの辺で。
次回は「文学フリマ」について。
P.S
最近はいつもいつも「メール下さい」「メールメール」としつこく言っておりますが、
もしよろしければコメントの方も頂ければと……。
サークル、ブログへのご意見ご感想。簡単なもので構いません。お気軽にコメントしていただければ。
お待ちしております。

一年を振り返って 春夏篇(会長)

こんにちは。ミステリ研会長こと、鹿野です。
この前このブログにて新年のご挨拶を遅まきながらやりながらも、次の記事は一年を振り返ってとはどういうことかという感じではありますが、
今年度の活動がほぼ全て終わり、後はじっくりとミステリ研機関誌を製作していくことと合宿を残すだけとなりましたので、
ここらで一つ区切っておこうと思いまして、こういった記事を書くこととなりました。
私の自己満足的な記事となっておりますが、もしお時間ございましたら読んで頂ければ幸いです。

さて。今年度の最初の頃を振り返ってみますと、大騒ぎの時期だったように思います。
今まで幽霊ページ化していたこのHPの充実化に加え、新会員の歓迎、そしてワークショップの開講。
慣れないことばかりで、どうしていいかわからないことも数多くありましたが、同時に新たなことが出来るという面白さに満ち溢れた時期でもありました。現在ワークショップは休講状態ではありますが、次年度は私も会長を引退しますので、時間を見つけてのんびりと再開出来ればと考えています。

そして、年度始めの幻想文学研の機関誌製作。夏のコミックマーケットに向けてのもので、最初は余裕をもって出来るだろうと考えていたのですが、
いざ始めてみると、新シリーズの第一号ということでタイトル決めから難航し、結局いつも通りてんやわんや。コミケ寸前は眠たい眼を擦りながら、人気のない大学で編集長と必死に編集を行ったことを覚えています。
当日の販売実績はそこそこだったのですが、当時始めたばかりのTwitterなどの便利な広報アイテムを有効に使うことが出来ず、もう少し宣伝努力で売上を伸ばすことは出来たのではないかと思ったり。まま、昨年末のコミケでもあんまり使えてなかったんですけども……。
製作者が言うのもなんですが、非常に完成度の高い機関誌でしたので、もう少し売ってあげたかったなという思いが残っています。
また次の夏コミでもバックナンバーとして置いておく予定ですので、もしよろしければ手にとって頂ければ幸いです。

私の中で、サークルにとっての春夏は「準備の季節」であり、秋冬で待ちかねている幾つものビッグイベントへの備えという認識が強かったのですが、今年を終えて考えなおしてみると、甘い考えだったように思います。もっと熱を入れるべきではなかったのではないか、と。

次回は盛り沢山、秋冬について振り返りますー。

新年のご挨拶&コミケのご報告&来年東洋大に入るかもしれない人へのメッセージ等々

今更……今更このワードを言っていいのかどうかよくわからないのですが、えーと。明けましておめでとうございます。
ミステリ研会長の鹿野です。
今年も会員一同、ゆるく団結してがっつりと頑張る所存ですので、
東洋大学SF研、ミステリ研、幻想文学研をよろしくお願いいたします。

さて、昨年末にSF研で参加いたしましたコミックマーケットですが(本サークル的には)売上は大成功に終わり、またお隣だった筑波大学さんと色々と貴重なお話が出来て、とても有りがたかったです。
他大学のサークルさんもお気軽に機関誌の交換に応じていただきました。
本当に、ありがとうございました。

そして、サークルの内輪的な嬉しさとなってしまうので恐縮ですが、今回も発行しましたSF研機関誌「ASOV」を20年以上前に創刊し、
サークルの歴史をみてみると幾度も名前が出てくる伝説的先輩がなんと!我々の販売スペースにいらしてくださり、しかもこのHPを見ていることを仰っていたらしいとのこと。私はたまたま席を外していたのでお会いできませんでしたが戻ってきてからこの報告を受けると、体が破裂してしまうほど嬉しく、興奮しましたもし機会がありましたら、ぜひ一度サークルBOXでじっくりとお話出来れば……。

この記事ご覧になっていましたら、先輩。お手数ですが、ご一報下さい。我々はいつでもどこでもウェルカムです。

……とまぁ、こんな感じでコミケは大成功で終わりました。お会いした方、お世話になった方、本当にありがとうございました。


◯そして現在も、FSMは動いております。
それはミステリ研。かなり、かなり遅れております。昨年11月の文学フリマで販売した『東洋迷理』の再編集版の製作です。
どんどん大きくなってきており、今抑えて抑えて作り直しております。
近日中にまた、新たなご報告が出来るかと思いますので、頭の片隅においていただければと思います。

◯ところで、本日はセンター試験とのこと。
賛否両論あるこの試験ではありますが、新会員とちょっとしたジェネレーションギャップが生まれてくる
世代としては、貴重な共通の話題として有りがたいものです。
まま、受験生はそんなこと考えてないでしょうが。

◯さて、今既に決まっている人は少ないかと思いますが、もしこの東洋大学へ入ることになった方へ
ちょっとメッセージを置いておこうかと思います。4月やりゃあいい話なんて思ったりもしましたが、
多分私、うっかり忘れしまう可能性がありますので……。

もしこの大学に入ることが決まり、そして私たちのサークルに興味をもった方がいらしたらどうぞ。
なお、文中では「サークル」と表記していますがこれはSF研ミステリ研幻想文学研全てを指しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
まずは東洋大学入学、おめでとうございます。
そして、本サークルに興味をもってくれてありがとうございます。
サークル紹介にもありますが、うちはまぁ色々やっております。
機関誌作ったりタロット占いやったりブックガイド作ったり等々。ただ、これは必ずやらなければいけないものではありません。
うちのモットーは「やりたいことをやる」ということです。
大学入ったら、やりたいことは沢山出てくると思います。本屋巡り、舞台映画鑑賞、それともただ単に部屋にひきこもったり。
特にこういった読書サークルでは、何日か姿を見なかったと思ったらずっと家で本を読んでいたりなんてことは多々あります。

だから、時間がある時に。やれるときに、面白いことを一緒にやりましょう。

逆に「物足りない、もっと色んなことをやりたい」という我々にとっては有り難い方の場合。
大歓迎です。やりたいことが出来ます。個性あふれて漏れ出している方々がここにはいます。
一緒に色々とやりましょう。

そして!もし今時間がある方のために、SF研ミステリ研幻想文学研別に何冊か課題本を書いておきます。
読んでおくとサークル入会後の機関誌編集に役立つかと思いますので、ぜひぜひ。
勿論、読んでなくても問題ありません。あくまで、あると便利レベルです。お気軽向けなので、もう読んでいる方も多いかも。
なお、4月の新会員歓迎時期は「新会員歓迎読書会」「新会員歓迎神保町巡り」をやる予定です。
こちらに関しては合宿でみっちりと本の選定含め決めていきますので、続報お待ちください。

新会員にお薦めしたい本

SF研
伊藤計劃『虐殺器官』早川
ハインライン『夏への扉』早川
小川一水『妙なる技の乙女たち』

その他、フィリップ.k.ディック ヴォネガット・ジュニア、フレドリック・ブラウンなどを読んでいると便利かと思います。
好きな人多いので。

ミステリ研
郷原宏『このミステリーを読め!(海外篇)』 王様文庫
同『このミステリーを読め!(国内篇)』

中途半端に紹介するのも、と思ったのでブックガイドを。この二冊から世界を広げて下さい。
私の小学校の時からのバイブルで、今でもこれ以上のミステリガイドに出会ったことがありません。
一般の書店にはないかと思いますので、アマゾンか古本屋でぜひ。ブックオフにも意外とあります。
東京のブックオフは私が布教用に見るごとにほぼ毎回買っていますのでちょっと少なくなっているかもしれませんが、
探せばあるはず。ぜひ読んでみて下さい。

幻想文学研
リチャード・ブローティガン『西瓜糖の日々』 河出書房
東雅夫『世界幻想文学大全』全三冊 ちくま文庫
ブラッドベリ『塵よりよみがえり』河出書房

幻想文学、というと色々ありますので難しいですが、今度の幻想文学研会長の趣味と、私の趣味で。
他にもホジスンやダンセイニ、そしてHPLやブロックなども読んでおくといいかもしれません。

また、もし我々のサークルに入ることを決めているという方はもしよろしければこちらまでご連絡下さい。時間あるときに、神保町他東京の本屋案内いたします。

とりあえず、こんな感じで。もしかしたらまた書き足すかもしれません。

それでは、また。