リレーブログ十四回目「私の居場所」(桐野夏生『夜また夜の深い夜』)

こんにちは。いよいよ、今年も残すところあとわずかです。
月日が経つのは早いもので、新会員として春に入会した私にも、リレーブログの順番が回ってまいりました。

何かと忙しい時期ですが、年の瀬にふさわしく「これまでとこれからの自分」について、考えてみる機となりそうな本を、今回紹介しようと思います。

 

『夜また夜の深い夜』

作者の桐野夏生さんは、1993年に『顔に降りかかる雨』で江戸川乱歩賞、
1998年には、映画化もされた『OUT』で日本推理作家協会賞を受賞。
人間の醜さや心の裏表を鋭く描き、最後まで読み手を休ませない、サスペンス展開に定評のある方です。

本作は2014年10月に発行されました。桐野作品の中では「鋭さにかける」「丸い」という声や、
「読みやすい」「今までにないタイプ」という感想を耳にしています。さて、どうでしょうか。

 

(0)あらすじ

主人公のマイコは19歳。国籍もなく、父親が誰かも知らない。
謎だらけで整形を繰り返す母親と一緒に、世界各地を転々と移動する生涯を送ってきた。
しかし、ある人物との出会いを契機に、他人と隔絶された環境から少しずつ抜け出し、
同時に真実を知っていくことになる。

 

(1)信じるもの

マイコには最初、信じられるものがないと言えます。唯一「他人」でない人間である母親は隠し事をしているし、マイコ自身も従っていた母親に疑いを持つようになっています。
しかし、「これでよい」と従ってきた自分自身に疑問をいだくことが、次第に自分を信じることへと繋がってきます。母との別れの後、様々な出来事を通して意思を強めていくマイコに、ハラハラしながらも、同時に勇気づけられます。

 

(2)大切なもの

マイコはアナとエリスに助けられ、仲間になりますが、そこで初めて、普通の女の子のようにお洒落やおしゃべりといった楽しみを知り、同じ年頃の彼女たちの優しさに触れます。また、彼女たちの「自分と似た境遇」と、それぞれが抱えた「誰にも理解されない過去」の間で、踏み込んでみたり、どうにもならない壁を感じたりして悩むのです。

今まで唯一の絶対の繋がりであった母、母との生活から未知の世界へ導いてくれた男、絶望を乗り越え身を寄せ合い生き抜いている少女たち。誰を信じるべきなのか。誰と共に生きるべきなのか。誰が正しいこと、本当のことを言っているのか。

桐野さんの作品の良いところは、「自分だったらどうするか」という見当付けができないようことごとく砕いていくところです。読んでいる最中は、どうしたらよいか分からず、人間不信になりそうなほどです。

しかし、主人公は必ず、勇ましいほどに自分で決断を下していきます。

 

(3)運命

前回から引き継いだキーワードです。

自分の下した決断や、選んだ道がいつも最善の結果をもたらすとは限りません。ましてや、マイコは決断する前、生まれた瞬間からおよそ普通とはかけ離れた境遇にありました。
ゲームであれば、セーブやリセット機能ですべての選択肢を確認することもできますが、人生はそうではありません。あの時あの道を選んだたった一つの結果が今というのなら、それを自分の「運命」として受け入れることができるでしょうか。
ある一つのサバイバルを経験したラストシーンのマイコの台詞には、その答えが含まれています。

はじめに「普通とかけはなれた」と書きましたが、生きる人、当人にとっては何もかもただの普通ではないですし、死ぬまでサバイバルは続きます。自分で下す決断や選択には常に不安と責任が伴いますし、何をどうしていいか分からなくなることもあるでしょう。そんなときは、自分を助けてくれた人々にたずねてみます。そして、最後には必ず自分で考えて決断します。
この作品はその大切さ、面白さ、残酷さを教えてくれます。

同じく、出生の謎や母探しに通じる作品で「I’m sorry, mama.」がありますが、こちらは桐野ワールドの鋭さ全開です。
あわせて読むのも面白いかと思います。

 

それでは、どうもここまでお付き合いくださり、ありがとうございました。
みまさま、良いお年をお迎えください。

ではまた来年、次回の紹介者さん、よろしくお願いいたします。

リレーブログ十三回目「EからEへ」(恩田陸『ライオンハート』)担当:鎌倉

こんにちは、新入部員の鎌倉と申します。初のリレーブログ、拙い文章ですが暫しお付き合いください。

今回私が紹介させていただくのは、恩田陸さんの『ライオンハート』です。

冷たい風が吹き荒ぶ冬、私の冷えきった心を温めてくれる本です。

それではキーワードと共に紹介させていただきます。

 

1、【運命】

この物語は、ある男女が時を超えあらゆる場所で幾度と出会いを果たす物語です。

男女、エドワードとエリザベスは、ある出来事をきっかけとして、生まれ変わるたびに年齢も職業も様々に変えながら必ずどこかで出会います。

理由はわからない。

けれど会いたくてたまらない。

会えた瞬間の喜びは何物にも代えがたく、世界が金色にはじけるような喜びを覚える。

不思議な運命に身を委ねる二人の物語です。

 

2、【夢】

不思議な運命を何度となく過ごす男・エドワードは、運命の相手・エリザベスのことを現実で出会う前から夢の中で、ときには白昼夢の中で出会い、心を奪われます。

「ある時代の」エドワードは、幼いころから度々エリザベスを夢の中で目撃します。全寮制の学校へ進学したエドワードはある日食堂で白昼夢の中でエリザベスを目撃し、思わず彼女の名を口にしてしまいます。友人たちにからかわれ、実際に会ったこともない女性に焦がれる自分は頭がおかしいのではないかと自身を責めるようになります。ある事件により一時帰省することになったエドワードは帰省中、母親に亡き祖父の日記を見せてもらい、衝撃を受けます。なんと、祖父の日記に書かれていたのは自分も見たことのあるエリザベスに関する夢についてでした。

このようにライオンハートにおいて「夢」というキーワードは欠かせません。

 

3、【発見の楽しみ】

前回から引き継いだキーワードです。

エドワードの見るエリザベスに関連する夢は何種類かあります。

物語を読み進めていくうちに、夢の中と現実のエリザベスの一致の発見は勿論、ある場面では、誰が「エドワード」と「エリザベス」なのか思わず考えてしまうような展開もあります。

 

晩秋のような寂しさを漂わせながらもエンターテインメントに優れ、読めばすぐに引き込まれることと思います。

ぜひ一度読まれることをお勧めします。

以上で『ライオンハート』の紹介を終わらせていただきます。

次の紹介者さん、よろしくお願いします。