リレーブログ七回目「法螺吹き爺さんの昔話」(イタロ・カルヴィーノ著/米川良夫訳『レ・コスミコミケ』)担当:ナリエ

 九月も中旬に差し掛かり、朝夕が随分と凌ぎやすくなって参りました。
 読書の秋に向け、新会員のナリエがお薦めの一冊を紹介させて頂きます。
 前回の担当者が新会員らしからぬクオリティの書評を投稿してくれたおかげで少々プレッシャーを感じております、が、一人くらい足らない子がいた方が愛嬌があって良いでしょう。きっと。

 今回紹介させて頂くのはイタロ・カルヴィーノの『レ・コスミコミケ』です。

【あらすじ】
 わしは憶えとるさ! お前さんたちはだれも知らないさ――Qfwfq爺さんはいつもそんな風に昔語りを始めます。宇宙が誕生する前から生き続けていると豪語して憚らないこの老人、地球が誕生した時のことやら自分が恐竜だった時代のことやら飽きもせずくっちゃべるものの、どこまで信じていいものやら。だって毎回言っていることが違うじゃあないですか! 嘘? 本当? 理科の教科書とは違った世界の歴史を教えてくれる、摩訶不思議な連作短編集です。

1.【想像力=創造力】
 想像力は創造力の源、とはよく言われること。本作の著者、イタロ・カルヴィーノはそれを体現した作家の一人です。魔術師とも評されるカルヴィーノの作風は多岐にわたりますが、彼を有名たらしめているのは何と言ってもSF・幻想小説でしょう。自由な発想から生み出される奇想天外な物語は、本国イタリアのみならず世界中の読者を惹き付けて来ました。
 本作もまさしくそんな魅力を感じられる一冊です。『レ・コスミコミケ』は作品としてはカルヴィーノの代表作『柔かい月』の前身にあたり、主人公(Qfwfq)も共通しています。前身とは言えどもその手腕は流石と言うべきもので、宇宙の起源や太古の地球の姿を「まるでその目で見て来たかのように」Qfwfq爺さんに語らせています。カルヴィーノの筆力を示す証拠として、有り得るはずのない光景がなぜかまざまざと眼裏に浮かぶ、ということが挙げられます。ゼラチン状の地球、色彩の存在しなかった世界に初めて色が溢れてゆくさま、そういった場面を鮮やかに、生き生きと描くことが出来る作家、それがカルヴィーノなのです。
 また、収録作品の一つ『ただ一点に』は「想像力=創造力」を端的に描いた作品として読むことも出来るでしょう。まだ宇宙に開けた空間がなく、人々がひとつの点に身を寄せ合って暮らしていた時代。Qfwfq爺さん曰く、彼らのある想像が切っ掛けで宇宙は膨張を始め、星々の存在するスペースを造り上げたのだとか。鍵となるのは「スパゲッティ」(「???」と感じた方は是非手に取ってご確認を!)。

2.【SF? それともファンタジー?】
 前回から引き継いだキーワードになります。
 『レ・コスミコミケ』の多くの作品は宇宙、若しくは宇宙が成立する以前の「無」の空間を舞台にしています。宇宙については今もって謎が多く、その起源についても諸説あることは皆さまご存知でしょう。実は本作の世界観もまったくの法螺というわけではなく、そうした実在の理論に基づいて展開されています。たとえば『終わりのないゲーム』では「定常宇宙論(作中では「連続状態説」)」が採用されており、これはビッグバンと相対する理論として知られています。王道から少し外れたところを突いて来る辺りが小憎らしいですね。
 しかしそれをガチガチのSFにしてしまわないところがカルヴィーノ。彼はQfwfqたちに水素原子を使った遊びをさせるのです。湾曲した宇宙空間に原子を転がし距離を競う、ぶつかった原子はガスと化して青く燃え上がる……こうしたゲームを二億五千万年かけて行う宇宙の少年たち、この情景はまさしくファンタジックと言うしかありません。
 また、月と地球とが梯子で行き来出来るほどに近かった時代を舞台にした『月の距離』では、月の引力に引き付けられて海の生物たちが海上へ浮き上がり、空中を舞い飛ぶさまが描かれています。魚やくらげ、珊瑚礁までもが月光を受けて光りながら銀色の海の上を漂っている場面は、この作中で最も幻想的で優美であると言えるでしょう。

3.【現実との接点】
 現実離れした読み味が心地好いカルヴィーノ作品ですが、彼はリアリズム小説出身という経歴ゆえか、実在の事件や固有名詞を作中で用いることも少なくありません。オーストラリアの首都「キャンベラ」だのスペインのサッカーチーム「レアル・マドリッド」だの、まったくの空想だとばかり思っていた話の中に身近な話題が登場することで、「ん?」とわたしたちの頁を捲る手は一旦止められてしまいます。このリアリティがいっそうシュールで奇妙な味わいを作品に付与していることは言うまでもありません。
 時代や空間を超越したこの手法は他の作品にも見られ、『見えない都市』という作品には日本の「大阪」「京都」が登場します。舞台設定は13世紀だと言うのに(!)、この自由っぷりには最早敬意を表さずにはいられません。こちらも素晴らしい作品ですので、是非とも合わせて読んで頂きたいところです。

 以上、『レ・コスミコミケ』の紹介を終わります。カルヴィーノは優れた作品を多く残していますので、また機会があれば別の作品についても触れさせて頂きたいところです。
 更新が遅れてしまい、次回の担当者にはご迷惑をお掛けします。足らない子の尻拭いを、どうぞよろしくお願い致します。

リレーブログ六回目「千年先では何が起こるか分からない」(貴志祐介『新世界より』) 担当:弌

 暑さも少し和らいできたように感じる今日この頃、皆様如何お過ごしでしょうか。
 当の私は、8月後半の担当だったにも関わらずまったくブログの更新をしなかったことに対する罪悪感に苛まれております。会員の方々には沖縄のお土産を差し上げるという形でお詫びをしたいと思います。ちなみに早い者勝ちです。あ、中身はちんすこうです。紅芋タルトなるものを期待していた方、すみません。
 私事はこれぐらいにしまして、さっそく本文に参りましょう。
 今回の更新は弌がお送りします。新参者なりに頑張って更新しますよ。

 さてさて、今回ご紹介させていただくのは『新世界より』という作品です。念動力の存在する1000年後の日本が舞台の小説です。著者は貴志祐介で、この方は他にも『鍵のかかった部屋』というミステリー作品も手掛けています。

0.あらすじ
 1000年語の日本。豊かな自然に抱かれた集落、神栖66町には純粋無垢な子どもたちの歓声が響く。周囲をしめ縄で囲まれたこの町には、外から穢れが侵入することはない。「神の力」を得るに至った人類が手にした平和。念動力の技を磨く子供たちは野心と希望に燃えていた……隠された先史文明の一端を知るまでは。

1.【平和な世界の裏側】
 この作品の舞台である神栖66町はとても平和な場所、ということになっています。しかし、その平和はどうやって維持されているものなのか。町で暮らす子供たちは、その真実を知りません。自分たちがどのようにして管理されているのか。念動力とは何なのか。外の世界には何があるのか。都合のいいようにコントロールされているから、自らが置かれている環境の異常性を疑問にすら思わない。
 作り上げられた平和な社会の裏には、対を為すように巨大な闇が潜んでいます。
 私たちの社会だって、全ての情報が公開されているわけではありません。権力者にとって都合の悪いことは伏せられる。社会が抱える深い闇の存在に、私たちが気づくことはない。
 けれど、そのほうが私たちにとっては幸せなのかもしれません。大きな闇の存在に気がついてしまったら、もう今まで通りの暮らしはできないでしょうから。この作品に登場する少年少女たちと同じように……

2.【いけないことは蜜の味】
 上にも記載したように、この作品は多くの謎を秘めたまま物語が進行していきます。それは1000年間の人類史であったり、今の社会の成り立ちであったりと様々です。自分の知らないことがあったら知りたくなってしまうのが人というもの。特に好奇心旺盛な子供ともなれば、それは猶更のことでしょう。
 情報統制された社会において、真実を知るという行いは禁忌に等しいことです。
 しかし、これ以上はいけない、今ならまだ引き返せる、そう思っていても『秘密』という2文字の甘美な響きには抗えない。一度秘密の一端を知ってしまえば、全てを知るまで満足できるはすがありませんから。
 人間が、禁忌とされている知識の果実を食べてしまう、というのはどこかで聞いたことのあるような展開でもありますね。悪魔の囁きに耳を貸し、神様に背いて知識の果実を食べてしまった人間の末路はもうご存知のはずです。悪いことをしたら罰が当たるように、登場人物たちも真実を知った報いを受けることになってしまいます。
 彼らを待ち受ける壮大な物語は、罰を受けた人間に用意された試練の旅路なのかもしれません。

3、【SF? それともファンタジー?】
 『新世界より』は、現代から1000年先の日本が舞台になっています。科学文明がなりを潜め、生態系の変わり果ててしまった日本はもはや異世界。1000年後の日本は、バケネズミやミノシロ、ネンジュヘビといった見たことも聞いたこともないような生物でいっぱいです。特に独自の社会体系と言語を持つ哺乳類とされるバケネズミは、毛のないデバネズミ――現実味の増したねずみ男のような外見という見た目の不気味さも相まってとてもファンタジーらしい存在となっています。
 その一方で、作中に登場する単語の多くには、SF的要素が盛り込まれています。サイコキネシスや、生物に擬態した移動図書館、とあるコロニーが作り出したミュータントなど、摩訶不思議の一言では片付けられない科学的な世界観が、1000年先の日本にはあるのです。

 そんな世界観に興味を持った方、禁忌を犯した登場人物の行く末が気になった方、どうぞ一度この本を手に取ってみて下さい。表紙を開けばすぐに、あなたも新しい世界へと誘われることでしょう。

 ここまでだらだらとあまり中身のない文章を書いてしまった気がしますが、その反省をすると共に、後続に控えている他の1年生会員の方々が私の分まで頑張ってくれることに期待しつつ、この辺りで本の紹介を終わりとさせていただきます。
 季節の変わり目は体調を崩しやすいですから、どうぞ健康管理にはお気を付けください。
 ではでは、またの機会に。