いやはや、お疲れ様でした。SF研の鹿野です。
いろんなことがあった三日間でした。
特に今日は雨のせいで人があまり来ないのでは?と危惧していたのですが、
案外大勢の方がいらっしゃり、楽しい一日となりました。

まま、よくよく考えてみると本を読むのに一番合うBGMは雨の音。うるさいわけでなく、それでいて無音ほどの空気の緊張感はなく。とても落ち着く自然のBGMです。

また、昨日は入ったばかりの新会員一人を加えた5人で花見に行って参りまして。
いやぁ、綺麗でした。桜の一番の魅力は、美しさの中に儚さといいますか、壊れそうであぶうげな
感じがあるということ。実際のところ花より団子、花よりお酒、花よりプリングルスになっていたことは否定出来ませんが、桜の発していたあの雰囲気を感じられただけでも収穫のある花見だったと思います。また行きたいですねー。

それじゃま、今日はちょっと短いですがこの辺で。
新入生の皆さんはこの三日間非常に疲れたかと思いますが、適度に力を抜いて、頑張ってみてください。頑張り過ぎると5,6月に駄目になってしまいますから。頑張る、とは声高に主張しないけどまぁそれなりに頑張る程度が一番良い感じです。

P.S
明日以降の新歓活動に関して「お知らせ」に掲載いたしました。
一年生の方は勿論、二年三年の方もぜひいらしてください。
また、今まで時間が合わず来れなかった二部の方もぜひぜひ。
四年で二部の会員が、二部生の入会を待ち望んでおります。

それでは、また。鹿野でした。