TOYO-FSMは、東洋大学SF研究会、幻想文学研究会、ミステリ研究会の合同サイトです。

「文芸創作実習」開講のお知らせ

FSMの創作部門StoryDog(仮)新設に伴い、各会員の創作技術向上の為「文芸創作実習」を開設することにいたしました。
今までに書いたことのない人から、今まで書いてきた人たちに向けて実践的かつ実験的な講習を行い、一年間で新人賞二次選考突破レベルを目指します。

【担当者】滝尾 光年 【日時】隔週木曜18時~18時40分を予定(WEB講義あり)

【場所】 BOX4551 - または幻想文学研究会BOX使用を検討中。

【講義の目的】

小説を書くということは決して一部の人間のみになせる特殊技能ではありません。物語を生み出す技術を学び、最短距離で修練を重ねれば一年もあれば誰にでも『最低限度人を楽しませられる作品』は作ることが出来るようになります。わしを信じるのじゃ……。

【学習到達目標】

未経験者も経験者も新人賞応募において最低二次選考突破程度の『実際面白い』作品が書けるようになることを目標とする。選考に送らない人に関しても『最低限人を楽しませられる作品』を手軽に作成できるレベルになって頂く。尚一年間で一冊の本を写本することも一つの目標として据えることとする。

【講義スケジュール】

第一回講義(5/16)で発表いたします。出来たらもっと早めに配布するかも。

【指導方法】

前回の講義で提示した実習の成果発表。続いて基本講義と次回の実習内容説明といったルーティーンで講習していきます。三題話などといった実習が主ですので、必ずしも毎回講義に出席する必要は御座いません。WEB講義もあるのでそちらも活用してみて下さい。

【テキスト】

各講義毎にレジュメをお渡し致します。

【参考書】

第一回講習のレジュメにおいて紹介します。購入は任意ですが、必要なエッセンスだけを抽出したレジュメを毎回お渡し致しますので、気になった方以外は購入しなくてもよろしいかと思います。

【講義の注意点】

FSMサイトにて実際の講義と同じ内容が学べるWEB講義も開講する予定ですので、「実際その時間は無理」という人も気軽に参加可能です。

ガチ講義なので作品が下手だと言われる事もあります。しかし、落ち込まなくても大丈夫です。最初から上手い人はいません。一年後、そこには完全無欠の文士がいるはずです。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP